新潟名物サンドパンを食べてみた

気になる話

朝日新聞に

新潟で愛されるサンドパン 田植えに最適?素朴な魅力

ってタイトルでサンドパンの記事が掲載されていました。

サンドパン?まだ食べたことありません。

サンドパンとは?

朝日新聞の記事にはこう書かれていました。

その土地でしか味わえない「ご当地グルメ」が全国にある。新潟のご当地パンとして広く親しまれてきたのが、コッペパンにバタークリームを挟んだ「サンドパン」だ。 出典:朝日新聞

バタークリームが挟まったコッペパンのことですよね^^

普通にどこにでも売っていそうなんだけど。

「長岡市 サンドパン」で検索してみました。

長岡駅の近くのパン屋さんに置いていあるそうで
口コミに「伝統のサンドパンはもちろん、ハード系もおいしいです」と。

これは行くしかない!

パン屋さんで買ってきたサンドパン

あ~昔ながらのパン屋さんって感じ。

入ったら、何か買わないと出てこれそうにないかも、と思いながら。

パンの種類結構ありました。

でも、サンドパンと表示されているパンが・・・ないです。

ツマ
ツマ

新聞でみたんですが、新潟名物のサンドパンってどれですか?

お店の方が
「新聞に載っていたんですか?」と聞いてこられたので

朝日新聞と伝えてきました。

何種類かのコッペパンの中で「これですね」と教えてもらって
2個買って帰りました。

1個130円(税込み)です。

サンドパンを食べてみた

・・・バタークリームの挟まったコッペパンでした (笑)

私はパンにいろんなものが挟まったりしているモノが好きで
だからサンドパンは「いい」と思うけど、

サンドイッチは別としてどちらかというとクリームやジャムが
挟んであるパンが苦手な夫は

パパ

俺はもういらない

どんなに美味しいモノでも好き嫌いがあるわけで・・・・。

サンドパンを購入したお店

長岡駅から歩いて5分くらい、スズラン通りにある
福泉堂(フクセンドウ)さんです。

住所:長岡市東坂之上町2丁目5-8

お昼時、近くのオフィスビルでお仕事をしている人達が
頻繁に出入りしています。
人気店なんですね。

新聞で紹介されていたお店

小川製パン店さん

住所:新潟市南区能登1-4-7

約20センチのコッペパンはこんがりと焼き目がついている。クリームは毎日練り上げて、ふわっと仕上げる。店主の小川英俊さん(63)は「クリームがジャリッとするから、英語で砂という意味の『サンド』が語源なんて説もあるらしいけど、うちのは滑らかだよ」出典:朝日新聞

サンドパンは地元の人たちにはとっても人気だそうです。

田植えの時期にはまとめ買いする人もいるらしく、閉店前に売り切れることも多いようです。

小竹製菓さん

住所:新潟県上越市南高田町3-1

店長の小竹加洋子(かよこ)さん(54)は「ひと口目から幸せになれるよう、端まで厚くしっかり塗っています」。クリームは約30グラムとたっぷり。多い日は2500本、この日は朝から2千本を焼いた。出典:朝日新聞

小林製菓さんのサンドパンへのこだわりはとても凄いみたいです。

さいごに

私がよく行くパン屋さん、駅の近くのスーパーの中のパン屋さん。

4時過ぎに行くとほぼ割引になっていて、ラッキーって感じです。
好きなチーズ系のパンが割引で残っていると、買っちゃいますね~

確かにここにもコッペパンがあったような?

新聞で読むまで気にしていなかったから。

新潟市や上越まで足を運ぶにはちょっと難しいけれど、
今度は違うパン屋さんでサンドパンを探してみようと思います。

当然、私の分だけです 笑

タイトルとURLをコピーしました